コミックス2011年9月


2011年9月のツイート一覧(検索用)です。

僕は友達が少ない(いたち)3巻 はがない、人気ですねー。今巻はマリア、理科、小鳩がメインで、星奈と夜空はちょっとおやすみ。原作は読んでないけど、メカ×メカの描写がどんなんだったのか気になるなw マンガ版はバッチシでしたよ。
9月30日

まよチキ!(にぃと)3巻 「~が可愛すぎて生きるのが辛い」とかいうネタがありますが、…スバルが…スバルが…辛いさん…。耐えろ!お団子チャイナが何だ!大好きだ!涼月、宇佐美も半端ねえ感じで、本気で殺しにかかってきています。話の展開はラノベ原作ということで、マンガだと早すぎますね。
9月29日

フダンシフル!(もりしげ)2巻 なんで特別編がカラーやねんw という突っ込みも無粋なほど、カラーページがすばらしい出来。ドッジボール編、大阪編、てんみこぱんつ編の3本。正直、ドッジボールはよくわからないw 「浮き沈んでる!?」で大満足!
9月28日

ハルカの陶(西崎泰正/ディスク・ふらい)1巻 備前焼マンガ。未体験の分野を疑似体験出来るのがマンガの素晴らしさですね。これなんかもそう。学生の頃は瀬戸に住んでいましたし、仕事で常滑焼を扱ったり、信楽も近いですから、焼き物は好きな分野です。備前は詳しくなかったけど、逆に楽しみ!
9月22日

未来少女エモモーション(飯田のぎ/海冬レイジ)1巻 ラノベ原作のコミカライズと、ラノベ作家のマンガ原作はこうも違うのかと。主人公がヘタレながら行動力があって、展開の早さが気持ちいい。藤ヶ谷も安曇野も、ただ受け身じゃないヒロインなのが、これまた面白い!モモは掻き回すだけなのか!?w
9月21日

あかつきの教室(板倉梓)2巻 完結です。いやぁ、良かったですね。1巻では「死体を集める理系の先生(美人!)」というキャッチーなキャラクターを推しながら、秘密が明かされる終盤は、短い連載でしたがテーマがきちんと昇華されていて、晴れやかに暖かい気分になりました。良作だと思います。
9月21日

ブラッディ・メイデン(華尾ス太郎/タイダ菊彦)1巻 よく死ぬサスペンスホラー。2巻の途中で全員死ぬんじゃね?って言うほどバッタバッタ逝きます。それぞれのキャラに思い入れが出来る前に殺されるだけなので、西尾維新の戯言シリーズのようにはいきませんよ。
9月21日

カタリベのリスト(藤屋いずこ)1巻 実に漫画的な設定。悪いコトじゃないんだけど、斬新さに欠ける。キャラクターの「味」がそれを補ってはいるけど、バトルが余裕ブッコキパターン(僕には敵わないよ、って言いながらダラダラ引き延ばして決着の付かない、もしくは負けるパターン)なので、きつい。
9月21日

せなかぐらし(カザマアヤミ)1巻 なんか、こう…もやもやするのは何故か。隣との境界がすりガラスっていう設定?へたれが鼻につきすぎるキャラ?なんかうまいこと行ってない気がするな。
9月21日

フェイト/エクストラ(ろび~な)1巻 ばっか!ほんとバカじゃないの!これが噂の赤セイバー、かわいすぎじゃにゃいきゃー!どやカワイイ!ふおおお、身震いがするぜ。そんなセイバーに愛でられる白野もかわいいな、おまえw 原作ゲームは知らないんだけど、その分楽しめるからいいかな。
9月20日

ちはやふる(末次由紀)14巻 結構巻数を重ねてきましたね。団体戦準決勝も遂に決着。アニメ化と言うことですが、このマンガの良さを引き出す為には、競技者である千早たちよりも、読手が重要なのは間違いありません。良い読手を使って欲しい。クイーン戦等の重要な試合では専任読手にオファーだ!
9月19日

ましろのおと(羅川真里茂)4巻 この作者って「赤ちゃんと僕」の人だったのか。さて、4巻では津軽三味線甲子園に向けて同好会で練習に明け暮れますw 啓子先生、ちょー良い先生(同好会の)。大俵ヒロシもちょー良い先生(三味線の)。こういう先生が居てこその、この生徒達なんですね。愛がある。
9月19日

キン肉マンII世 究極の超人タッグ編(ゆでたまご)27巻 この巻からプレイボーイ本誌で未読。カバー折り返しの作者コメントで、悪役キャラを好きになって作っていくってありましたが、ライトニング&サンダーは強いんだけど、何かある度に刃物出してくるので興ざめです。こんなんでいいの?
9月19日

明治緋色綺譚(リカチ)1巻 明治時代の年の差LOVE、だそうです。頭の切れるちっちゃい女の子って、キャラ的に好みです。10才やそこらでこんなこと言わんやろーwってのが好き。変ですか?恋愛枠で明治時代、しかも推理モノって、編集泣かせですね。応援します。
9月19日

おまもりひまり(的良みらん、にくばなれ)外伝の書 ヒメの外伝と、にくばなれ氏による4コマで半々。にくばなれさんって、忙しい人のための幻想郷シリーズの原画の人か。実は0巻、買ってるけど読んでないんですよねw 柴田亜美的なオチのようで、毎回ブフッと来ちゃうんだから、なかなかに実力派。
9月19日

麻宮さんの妹(あさの)1巻 新人さんでしょうか。表紙めくったトコのカラーの構図が、何度見ても分かりません。1話2話は理解できたけど、以降はちょっと分かんなかったです。次巻読まないと?なのか?もうちょっとのんびり進んでも良いような気もしますが。
9月19日

名探偵キドリ(馬田イスケ)2巻 某書店員T氏絶賛ごり押し中のミステリーもどきギャグ。ナンセンスギャグにありがちな勢いだけじゃなく、ネタの芯だけは通しているところが真に憎らしいw 読者の抱える苦悩は表紙の明日香が表情で表しきっているので、それに免じて気を楽にしてお読みください。
9月14日

絶縁のテンペスト(彩崎康/城平京/左有秀)4巻 ここまで「はじまりの樹」と「絶園の樹」の鍔迫り合いが続いてきましたが、今巻から一気に展開が加速!ここまでのタメを利用して盛大に爆発して欲しい期待大の作品なのです。「スパイラル」の危うさを知っているだけに、切に願わずにいられません。
9月13日

まんがのCOCOはキケンなつぼみ!(徳冨数志/長谷川裕一)2巻 漫研なのに合宿とかしちゃって、普通に青春だー。そしてレスリングシーンが思いの外本格的なのと、鈴芽の腹黒さ、カバー下のひどさと、盛りだくさんの内容。でも話の筋はビシッと通っていて、ブレ無いのがすごいです。
9月13日

クラン(フカキショウコ)2巻 一言で表すと、どうぶつ奇想天外!おや、本当に間違ってないぞw とら、くま、らいおん、もっふもふやで。登場人物もふえてきましたが、立場が明確でわかりやすく、途中で迷うこともありません。田中芳樹原作の完成度がなせるワザでしょう。
9月13日

中国嫁日記(井上純一)1巻 ブログは見たこと無いですけどね。中国って言うと余り良い印象は持ってなかったんですけど、やっぱりそれは、人による、ってところなのでしょう。ユエさんは楽しい人ですねー。他人の嫁さんって面白いww
9月13日

甘熟花実(高橋こばと) エロが続いてごめんなさい。一応作者買いの短編集です。「宵待草の咲く夜に」がキャラもストーリーもエロも、一番よかったかな。3年前の作品も収録されていますが、絵の変化があまりない……相当描き直したなw
9月13日

恋と心とHの関係(西野映一) 本編は巻末3ページのオマケ4コマへの布石だったというオチ? いやいや、これはブッ飛んだ一冊ですよ。タイトルを問いとして、その答えを的確に、そらもう反論のしようのないくらい明確に示した連載です。西野映一はこういうエロが描けるから貴重なのですよ。
9月13日

恋カフェにようこそ!!(まりぴょん)1巻 作者コメによると、女:デレない、男:ボンクラで話が進まないとかw そんなこと無いと思いますよ。髪型変えて***からとか、生々しすぎるでしょうww 最低と言われても「わかります!」と断言せざるを得ない。
9月13日

トラウマ量子結晶(青木ハヤト)2巻 ダメ人間による厨二展開とアオりつつ、普通にバトルやってるんで、ちょっと冷めちゃいました。真面目にやるから厨二なのは分かりますが、バトル以外で一気に戻そうとして、流れが切れてるような。このアオリがなければ普通に面白いんだけど、どうなんでしょうね。
9月13日

エコー/ゼオン(六道神士)2巻 この巻は1巻の過去となります。観世の能力が明らかになり、1巻の事件へ続くわけですね。ちょっとでも間違うと読者置いてきぼりになる危うさがありますが、これはバッチリでしょう。こういう流れは大好物です。表紙だけでも100点付けてしまいそうw
9月13日

ゴシック(天野咲哉)7巻 桜庭一樹の原作も角川文庫で完結したゴシックの最新刊は、リヴァイアサン編です。富士見ミステリー文庫、好きだったのになぁ。レーベルの看板であり、珠玉のミステリーですよ。コミックから読み始めた人も、原作読んでくださいね。アブリルが良い子すぎるじゃないか~
9月13日

風より疾く(かわすみひろし)1巻 おっと、こちらも女子校剣道マンガです。青年誌(ヤンマガ)らしくお色気もありですが、結構本格的に剣道やるそうです。どんな試合が繰り広げられるかは、次巻以降ですね。別にネタがカブっていようが、好物には全て手を出しますから。
9月13日

ハルポリッシュ(みなもと悠/土塚理弘)1巻 サムライコメディー「明日のよいち!」×熱血剣道少女「バンブーブレード」=これはとんでもなく素晴らしい居合道マンガ! 日本のマンガ文化を衰退させないためにも頑張ってください! パンツ描けばいいとか言っている担当に負けないで!
9月13日

バンブーブレード ビー(土塚理弘&スタジオねこ)6巻 試合シーンも迫力あるし、先生も本気出して熱い熱い!剣道小町も登場しましたが、主人公のユウを始め、女の子の活躍はもう少し先かな。正統派マンガ、土塚はウマイ!
9月13日

ゆりキャン(瀬口たかひろ/原田重光)1巻 親の会社が倒産して、文無しになったゆりかが、女の子をコマして生きていく、涙無くしては読めない傑作。この涙は笑い泣きですが。ほんっとバッカバカしくて面白い!ゆりかのスケコマシレベルは、カンスト知らずやでぇ。どこまで行くのか、興味津々。
9月13日

ダンタリアンの書架(阿倍野ちゃこ)3巻 前も書いたけど、ほんと上手くなったな。カラーも雰囲気があって素晴らしいです。オリジナルでホラーとか描いてくれたら嬉しい。作家買いリスト上位です。
9月13日

【夏のアイマスまんが祭り!】アイドルマスター ユアメッセージ(草壁レイ) Amazonで買い込んだうちの一冊だったから気づかなかったけど、「いいなり!!吸血姫」描いてたひとだ。好きだったな。アイドル達がPからのメッセージを自分なりに解釈して成長していく構成で、素敵な一冊でした。
9月10日

【夏のアイマスまんが祭り!】アイドルマスターリレーションズ(上田夢人)2巻 プロデューサーと離れ挫折する千早。ライバルプロダクションの妨害に一致団結で乗り越えようとする765プロ。これぞまさにアイマス!なんだけど、前振りが長すぎて暗いですよ。その分最後の盛り上がりは良かったです。
9月10日

【夏のアイマスまんが祭り!】アイドルマスター innocent Blue(零壱)3巻 このシリーズは涼、愛、絵理の順に読みました。て言うか、一晩で9冊一気に読みました。キャラ的には絵理がよかったかな-。ストーリーは涼で、愛は勝つ!?わるーい顔もキュートないおりん、まじ最高w
9月10日

【夏のアイマスまんが祭り!】アイドルマスター Splash Red(坂野杏梨)3巻 愛ちゃん、キャラ立ってるなぁ。カバー下に他キャラをコミカライズした作家の応援イラストが乗っているんですが、2人とも「ゴハン山盛り太郎」とか、いや、大食いキャラが際立っている訳じゃないんだ!本当に。
9月10日

【夏のアイマスまんが祭り!】アイドルマスターNeue Green(黒瀬浩介)3巻 ゲームはやってないんですけど、ノベマス動画とかアニメとかで大ハマリのアイマス。コミックスを一気に購入しました。涼については動画とかでも事前知識が無くて、えーっ!て素直に驚きましたよ。
9月10日

乙女ゲームやってみた。(花野リサ) 普通の少女マンガを書こうとしてもあふれ出るギャグ臭。あなたは夢を追い続けるべきだ。私は応援する。花野リサの、ギャグマンガが読みたい! 「爆発した」は無いだろうww 目指せ入選!(投稿から)
9月10日

ねじゆるゆる(風上旬)1巻 今月「こんどる♪」の2巻が出るのは知っていたけど、こんなのもあったんだ。驚きのネコ型ロボットw キャラありきっぽくて、実は正統派4個まで、むちゃくちゃ面白かった。寝る前にちょっと、と思ってぺらぺらめくってたら、2回も読んでしまいました。
9月10日

琴浦さん(えのきづ)3巻 ヘビー系ほっこり4コママンガ。で、間違いないと思う。人の心を読める琴浦さんをモノともしない真鍋こそ、男の中の男。でも、ハーレムはゆるさん。「モリモリ入ろう!」で大爆笑。
9月10日

絶対少女聖域アムネシアン(介錯)4巻 完結です。途中は勢いで押しまくる、いつもの介錯か。と思っていましたが、ラストは思いの外、ビシッと決めてくれました。「最後の一撃」がその辺のギャグマンガでは太刀打ちできない衝撃的なモノでしたが、介錯ならアリでしょう。
9月10日

おはようおかえり(鳥飼茜)2巻 微妙に絡まるキャラ同士の関係が、狭い京都を表しているんでしょうか。私の行動範囲の場所やお店も描かれていて、親近感が高まります。友達の奥さんが老舗の香屋に勤めていて、モデルの会社も知ってる言うんで、2巻を貸してあげました。1巻は明日持っていきます。
9月10日

路地恋花(麻生みこと)3巻 大家さん素敵すぎますよぅ。今巻も、表紙カバー、ストーリー、キャラクター、完全に恋花ワールドに引き込んでくれました。幸せです。
9月10日

満開!Sister(東屋めめ)1巻 カンナ姉ちゃん、マジお姉ちゃん。東屋さんは4コマのベテラン作家ですが、実は読むの初めてです。表紙で惹かれたんですね。白状します。お姉ちゃん属性に目覚めたのはいつの日だったか……
9月10日

LIPS(よねやませつこ/神楽坂淳)1巻 「大正野球娘。」の作者が原作…と言うか、「帝都たこ焼き娘。」のコンビだ。声優の阿澄佳奈さんをモデルにした、声優業界マンガです。よねやまさんは「収拾体質」とか好きでしたね。Amazon見てみたら、ディードリット物語とか!うわー、見てたよ!
9月5日

フロッグマン(ナイロン)5巻 ちょっと、オビが邪魔すぎませんか!?そこ隠したらアカンでしょ。3巻4巻は路線変更かと思わせる自重しない展開でしたが、ようやく部活モノに復帰…しなかった!ラブコメ全開は良いんだけど、マコトの扱いがヒド過ぎる。ちゃんとフォローしてあげてよ!
9月4日

グラマラス(ナイロン) ナイロンさんの女の子って、すっごい柔らかそうなんですよ。ファンタジー色の強めな作品でした。ちょっとページ数に合わせてガチャガチャしてた感じがありましたね。
9月4日

超次元ゲイム ネプテュース(葉生田采丸)1巻 不思議な絵柄ですね。ジャンルとしてはよくある感じのドタバタコメディなんですが、この絵柄のせいで独特の空気が醸し出されています。変身する前も可愛いですけど、変身後がエロカッコカワイイんです。なかなか変身しないんですけどね。
9月4日

天にひびき(やまむらはじめ)4巻 表紙、ひびきか、これ。かっここわいぃ。ひびきはほんと真っ直ぐで、可愛いお嬢さんですね。まだまだ高みに突き進んでいくんでしょう。秋央、がんばってくれよ。そして今回の波多野さん。出番は少なくても実技試験、お見舞いと存在感アリアリw
9月4日

ぼっちの人魚姫(林崎文博)1巻 イジメ、虐待、そして歌。この子、化けそうですよ。瞳ちゃんとどう絡んでくるのか、もう少し読まないと何とも言えませんけどね。
9月4日

縫い裁つ人(池辺葵)1巻 「サウダーデ」読んでから探していたんですが、やっと見つけました。表紙も素敵、お話も素敵、市江さんは男前(ぇ 「夢見るための洋服を作ってるんです。生活感出してたまるもんですか。」ほら、やっぱり男前。
9月4日

妄想少年観測少女(大月悠祐子)1巻 マイナーなアニメのコミカライズかとタカを括っていた「わるない」が大土下座、ごめんなさい!な神認定に続いて、やったー。すごいの来ちゃった。ある種異様なストーリーとキャラクターの相乗効果で化け物じみた出来の作品です。2巻読んだら壊れちゃうかも!
9月4日

フェイト/ステイナイト(西脇だっと)16巻 いよいよ最終版。ギルガメッシュの王様ぶりも大したもんですが、シロウとセイバーの絆にもゲーム、アニメを見ていた当時の感動が思い起こされました。さぁ、ラストスパート。いくらでも泣きますぞ。
9月4日

フェイト/ゼロ(真じろう)1巻 新シリーズですね。アニメも楽しみです。原作は星海社文庫で読んでますけど、やはりZEROの中心はライダー。こいつすごすぎ。虚淵玄は濃い文章書くよね。コミカライズでもその濃さ、迫力が発揮できるよう祈ってますよ。
9月4日

君のナイフ(小手川ゆあ)6巻 いよいよ刑事側との接触。これからの仕事は一筋縄ではいきませんよ、先生。盛り上がりがハンパ無いです。良いサスペンス、素敵です。そしてアシスタントSさん、君はよく分かっている。おじさんが格好良いマンガ。ほんと、素敵です。
9月4日

げんしけん二代目(木尾士目)10巻 一時代を築いた現視研の続編。さすがのおもしろさ。時間かけて、じーっくり読むに耐える濃厚さで大満足です。新会員の中に一番絡んでくるのがこの先輩だったとは!(絡まれてる、の間違い) メインストーリーも持っていきかねない勢い。応援せざるを得ない。
9月2日

ふーふ(源久也)1巻 いちゃらぶバカップルマンガ。100%百合です。お姉ちゃんと白雪ちゃんが良かったです。てか、女の子しか出てません。清々しいですね。どうも最近、百合ブームが燃え上がりすぎじゃないですか。望むところです。
9月1日





コメントを残す