Yes-No枕は人類の歴史を変える大発明だ



ミミコかみんぐ!(倫理一輝)1巻 兄に憧れるミミコはその思いを伝えようとするとつい、噛みついちゃうんだ。って、加減無しはアカンw 噛む力は自分の体重くらいあるんだそうです(豆)。生き死にに関わるレベルw とは言え二人は仲良し兄妹。微笑ましさより牙の長さがちょーっと勝ってるだけ。


まよキチ!(にぃと)5巻 時間の許す限り既読で未投稿の作品から、これは書いておきたい!って詰んでたのを書いていきます。連投ゴメンナサイ。とりあえず5巻もスバルが可愛すぎて至福だったよ。とはいえ、ちょっと出番が少ない?と思いきや、一発逆転大ホームランでーす!w そら鼻血でるわw


かへたんていぶ(藤代健)4巻 スパイスとしてのラブは有っても、決してラブコメではない変わったマンガですね。まぁ、ラブは藍蘭島でこってりやってるからね。とはいえ、ななとトウマは甘酸っぱすぎてスパイスになりやしない!w タイトル通りコーヒーでも飲みながらまったり読むと良いですよ。


彼女とフェチのエロい関係(東雲龍) 「特殊すぎない変わった性癖を持った女の子」がコンセプトの一冊だそうです。「Milk Girl」の逢沢さんが面白すぎて、これで特殊すぎないと言い張る作者が大好きです! ラストの一コマ、期待に目を輝かせるお姉ちゃん(と彼氏)は必見ww


AGEHA(六道神士)1巻 六道さんの作品はどれも設定や世界観が複雑極まりないのに、しっかりそれらを読者に理解させてから先へ進めているので、のめり込み度が半端無いんですよ。このAGEHAはキャラの可愛さ(濃さ)も相まって、「マンガとしての完成度」が他人にお勧め出来るレベルでした。


ひだまりスケッチ(蒼樹うめ)7巻 なんだか久しぶりな気がするのは、きららキャラットを買ってないからですかね。待ち遠しかった新刊です。アニメも好調で一大コンテンツと成長した「ひだまり」ですが、4コママンガとしての完成度も高いんですよね。純粋に、面白い!


しらまり(高橋拡那)スーパーアイドル白瀬マリの芸能活動を全て自分がファンになった目線で描ききった意欲作ですね。最近、アイドル物(アイマスのコミカライズやAKB関連のコミックとか)もたくさん出てますが、アイドルの舞台裏は見せないスタイルだとこんなにのめり込むんですねw


煩悩寺(秋☆枝)3巻 1巻で小山田の生活に憧れたり、2巻で小沢さんの男っぷりに惚れ惚れしたりしたけど、結局コレかーい!w しかしまぁ、Yes-No枕は人類の歴史を変える大発明だと私も思うわけで。結論としては、秋☆枝氏の目の付け所が凄い。あと、おまえら爆発しろ。


生徒会の一存(10mo)8巻 完結でーす。漫画版だけしか読んでいない少数派ですが。真冬回、会長回(おもろい!)、最終回の3本+「僕は友達が少ない」 とのコラボ!?何でアライブと?w ページ数をとことん無駄に使ってのネタもじわじわクルw たまにはこういう作品が有っても良いよね。


先生!!原稿下さい。(中島守男) こりゃスゲェw マンガがマンガとして面白い。この当たり前の事を噛み締めることが出来ます。たぶん読みながらニヤニヤしていたと思う。正直言うと体温計の回で吹き出しました。あと、最終話。なんだこりゃww ネタのキレに加速がついてきたところで終わり!?





コメントを残す